効果的な英語学習

効果的な英語学習

英語力のメンテナンス

優れた英会話の学び方はどのような方法でしょうか。どこに注意して英語学習を選ぶできでしょうか。

英語学習選択で最も大事な要素は上手になった時にはどう学習して維持するかです。

英語学習は途中で止める人もいるかもしれません。先に事は分かりません。しかし、始める時には英語が上手になると思って始める事は大事です。上手になると思えなければ始める事はできないからです。

英語が上手になったらそれで終わりではありません。英語が上手になればそれを維持して、更に上手になりたいものです。

日本語ではどうでしょうか。毎日勉強しているでしょうか。多くの人は特別な日本語の勉強はしておりません。

我々が日本語を話せるようになったプロセスを考えてみましょう。日本語はまわりの大人を真似て覚えただけです。

では日本語はどうでしょうか。勉強しないから上手になってないでしょうか。実際にはどんどん新しい表現を覚えて上手になっています。

日本語ではどうしてそれができるのでしょうか。それは日本語を話す事で、相手が言った言葉とか、テレビや映画やネットで使われている自分使っていなかった単語をどんどん覚えて使っているからです。

子供の時に日本語を覚えて時も勉強して覚えた訳ではなく、周りの人が使っている表現をどんどん覚える事で日本語が話せるようになりました。

英語ももし上手になったら真似て覚える事ができれば、英語を使うだけで新しい表現を覚える事ができます。今の時代なら毎日英語に触れる事はそれ程難しい事ではありません。

映画を見るとか、YouTubeを見るとか、twitterに書き込むとか、ドラマを見るとかは特にお金を払わなくも見たり、聞いたり、書いたりすることができます。

日本語の場合は日本語を話せるようになってから日本語を書いています。言語の基本は話したり、聞いたりする音声言語が基本ですから、英語を話す事を学ぶ事により、それを文字で表現する事で英語が書けます。

上手な英語を書くためにはそれなりの学習が必要ですが、音声でいろいろな表現を知っていれば上手な英文を書く練習をする時もその音声の英語が大きな助けとなります。

なぜ真似るだけで日本語や英語が上手になるのでしょうか。それは英語や日本語の言語が文法のようなルールを基盤としたものではないからです。日本語の文法は日本語を正しく話せるようになってから学んでいます。つまり、言ってみれば多くの表現を覚えた後に発見されているのが文法なのです。

後で発見されるべきものが文法ですから、それを先に学ぶ意味はありません。

英語を話すために必要な条件は使える表現を増やす事です。基本となる文法や単語からまなぶのは正しくありません。文法や単語から構成されているのではありません。

日本語を覚えた時は使える表現を増やしただけです。文法とは発音とか単語の勉強は特別にはしておりません。リスニングの勉強もしていません。

その理由は日本語を学んだ時は文法も単語も発音もリスニングも同時に学習しているからです。それはネイティブを真似て、フィードバックで矯正する方法です。

そして自分が使える表現をどんどん増やしていきました。表現を覚える事で正しい使い方、単語、発音を覚えました。その音を覚えたのでリスニングもできるようになりました。

文法や単語を学ぶ事なく英語が話せるのはネイティブを真似て、文法とか単語とかそして発音を学ぶからです。

逆に言えば覚えないと英語を話す事はできません。多くの表現を覚えれば覚える程自分の言いたい事が言えるようになります。

ネイティブを真似る方法で覚えるとパターンで覚える事ができます。記憶が増えると類似のパターンがどんどん増えていきます。

つまり英語を学習で最も大事な能力は文法でも語彙でもありません。多くの表現を覚える事ができれば、真似る能力が高まり、勉強次第でどんどん使える表現や知っている単語が増えてきます。

ネイティブの使う表現を真似て覚える能力があれば洋画を見るとか、英語で話すとか、英語の動画やテレビを見る事で特に英語の勉強をしなくても使える英語表現が増えていきます。

日本語の場合は特に勉強はしませんが、テレビや映画や動画などで疲れている日本語の表現をどんどん覚えて他の多くの日本人と同じような表現が使えるようになっています。