無料ダウンロード

認知学的な英会話独学法(電子書籍)

日本語は大人を真似て、話せるようになりました。言語はこのように音声を体験しながら学習するものです。英語も同じような学習しています。

脳は一生成長しますから、大人が第二言語として学ぶ場合も学習方法は同じです。

目次

前書き              

  1. 英語(言語)とは何か
    1.1. 言語の必須条件とは
    1.2. 言語は音声
    1.3. 言語にはルールはない
    1.4. 音声は連続的な音の変化
    1.5. 英国規範文法の問題
    1.6. 言語習得は、言語進化を繰り返す
    1.7. 学習の仕組みは一生同じ
  2. なぜ学習方法を間違えたのか
    2.1. 漢文訓読法と蘭学の影響
    2.2. 英語教育の歴史的な問題
    2.3. 出版社の責任
    2.4. 多くの学習方法は存在しない
  3. 理想の学習理論
    3.1. 行動主義と第二言語習得理論
    3.2. 生得主義
    3.3. 認知主義的学習論
    3.4. 用法基盤モデルと事例基盤モデル
    3.5. 大人と子供の学習の違い
    3.6. 明示的学習と暗黙的学習
  4. 真似てどう学ぶのか
    4.1. 脳は多様性から学ぶ
    4.2. 期待値と感覚値の最小化を目指す
    4.3. 予想と実感の対立
    4.4. 動的ベイズ推定で効果的に真似る
    4.5. 発音、表現、語順、使い方、リスニングを学ぶ
    4.6. 英語スキーマの獲得
    4.7. フィードバックで自己調整学習
    4.8. 感知と学習と認知
    4.9. 転移学習とパターン学習
  5. 独学で累積効果による加速学習
    5.1. 効果的なアクティブラーニング
    5.2. 達人を真似る
    5.3. 全てを同時に学ぶメリット
    5.4. 化石化を防ぐ
    5.5. 使える表現から覚える
    5.6. ドーパミンとアクティブリコール
    5.7. なぜ学習が加速するのか
    5.8. 記憶が蓄積され増殖
    5.9. アテンションを生かす
  6. モチベーションの維持
    6.1. ネット環境
    6.2. 非認知能力を高める
    6.3. 学び合い
    6.4. 未知語との闘い
    6.5. 紙の本ではなく電子媒体
    6.6. 無料教材
    著者

58,283文字、138ページの電子書籍です。PDFのフォーマットです。

下記のリンクから、無料で電子本(PDF)がダウンロードできます。